歯がなくなってしまった場所に人工の歯を手術で作る治療法です。当院でのインプラント科の歴史は古く、1970年から行なっています。
 当科でインプラント手術を受け、人工の歯で噛まれている患者さんは千人を超えます。インプラントの専門医の下で十分な検査をしてから行う処置ですので心配は要りません。

インプラントを長持ちさせるために大切なこと

 せっかく時間と費用をかけてインプラントの歯が入ったのですから、インプラントは長持ちして欲しいと思うのは当然です。
 インプラントがダメになる原因は残っている歯の歯周病菌からの感染です。これはインプラント周囲炎というと呼ばれ、インプラントの歯周病です。
 つまりインプラントを長持ちさせるためには、残っている歯の歯周病治療を終わらせること。またインプラントの歯が入った後も、残っている歯のメインテナンス治療を継続して行う必要があります。

 当センターでは、初診の説明から検査結果の説明、手術、メンテナンス治療までをすべて同じインプラント専門医が責任を持って行います。

当センターの患者さん
インプラント1歯欠損
インプラント2歯欠損
インプラント4歯欠損
前歯が全てインプラントの患者さん
インプラントと義歯の組み合わせの治療(インプラントを義歯の支えに使います。)
残っている骨の少ない患者さんのインプラント(GBR手術:骨造成手術)
残っている骨の少ない患者さんのインプラント サイナスリフト手術(上顎洞底挙上手術)
総義歯の患者さんのインプラント

 
 
インプラントをする前に考えて頂きたいこと
 

 インプラント手術を受ける前に、そこにあった歯をなぜ失ったかを考えてください。  
 歯を失う原因の一番は歯周病です。もし歯周病で歯を失ったのであれば、原因である歯周病の治療をせずにインプラント治療を行う事はよくありません。

 歯周病で他の歯も次々と失う可能性があります。
 また、せっかく作ったインプラントも長持ちしません。
 インプラント治療を行う前に、歯周病の治療が必要である事は、日本歯周病学会の ガイドラインにも規定されています。


 インプラントを数多く埋入している歯科医が上手ということはありません。
 数多くのインプラントを埋入しているという事は、そこに元々あった患者さんの歯を数多く残せなかったということです。
 インプラント治療は患者さんの歯を不幸にして残せなかった結果、反省の上で行う治療と私は考えています。
 天然の歯を残すには、歯周病や根管治療(歯の神経の治療)など高度な技術が必要です。
 患者さん自身の歯を残せる歯科医と出会ってください。

 私は以下のような歯科医であれば安心して治療受けて頂いて良いと思っています。

1) 以下の学会のいずれかの専門医
(専門医:厚生労働省が認可した学会で一定数以上の手術や治療を経験し、規定の研修・試験を受けて合格した歯科医師)

・ 公益社団法人 日本口腔インプラント学会 
・ NPO法人 日本歯周病学会 
・ 社団法人 日本口腔外科学会 など

2) 初診時の診断から、手術、治療後のメインテナンスまで同じ専門医が責任をもって診察してくれる。

3) むし歯や歯周病を完全に治療してからインプラント治療を行う。
(残存歯の歯周病を放置すると、その細菌がインプラントの予後に大きく影響します。)

  高度な設備(CT、マイクロスコープ、CAD/CAM、手術室、静脈鎮静など)はあれば良いでしょうが、必ず必要な物ではありません。それを使う専門医の先生の考え方や技術の方が大切です。
 
ホームへ戻る






当センターの患者さん



インプラント1歯欠損






前歯が1本なくなってしまいました。
両端の歯を削らずにインプラントで治療します。













歯が入りました。
  これらの治療は、すべての患者さんに適用できるわけではありません。
インプラント治療の良い面、リスク(悪い面)についてよく理解した上で治療を選択してください。
インプラントに関する疑問や質問は、公益社団法人 日本口腔インプラント学会ホームページから
歯科インプラント治療に関しよくある質問』を参照下さい。
 

↑topへ






当センターの患者さん



インプラント2歯欠損






前歯が2本なくなってしまいました。
インプラントを2本埋入しました。













歯が入りました。
  これらの治療は、すべての患者さんに適用できるわけではありません。
インプラント治療の良い面、リスク(悪い面)についてよく理解した上で治療を選択してください。
インプラントに関する疑問や質問は、公益社団法人 日本口腔インプラント学会ホームページから
歯科インプラント治療に関しよくある質問』を参照下さい。
 

↑topへ






当センターの患者さん



インプラント4歯欠損


 


前歯が4本なく、義歯の状態でした。


インプラントで固定式の歯が入りました。
  これらの治療は、すべての患者さんに適用できるわけではありません。
インプラント治療の良い面、リスク(悪い面)についてよく理解した上で治療を選択してください。
インプラントに関する疑問や質問は、公益社団法人 日本口腔インプラント学会ホームページから
歯科インプラント治療に関しよくある質問』を参照下さい。
 

↑topへ






当センターの患者さん


前歯が全てインプラントの患者さん




前歯の全てがインプラントですが患者さんには見た目にも満足して頂いています。


  これらの治療は、すべての患者さんに適用できるわけではありません。
インプラント治療の良い面、リスク(悪い面)についてよく理解した上で治療を選択してください。
インプラントに関する疑問や質問は、公益社団法人 日本口腔インプラント学会ホームページから
歯科インプラント治療に関しよくある質問』を参照下さい。
 

↑topへ






当センターの患者さん


インプラントと義歯の組み合わせの治療
(インプラントを義歯の支えに使います。)





前歯と奥歯の歯がありません。 部分義歯が入っていましたが、
ぐらぐらして不安定でした。











インプラントと義歯により歯が入りました。






 


以前のように義歯が がたつくこともなく、
見た目もきれいになりました。


 
  これらの治療は、すべての患者さんに適用できるわけではありません。
インプラント治療の良い面、リスク(悪い面)についてよく理解した上で治療を選択してください。
インプラントに関する疑問や質問は、公益社団法人 日本口腔インプラント学会ホームページから
歯科インプラント治療に関しよくある質問』を参照下さい。
 

↑topへ






当センターの患者さん
残っている骨の少ない患者さんのインプラント(GBR手術:骨造成手術)




歯がなくなってしまいました。
インプラントを埋め込みますが、
骨がほとんど
ありません。





特殊な膜を使って、患者さん自身の骨を再生します。
(骨造成手術)








約6ヵ月後、骨が十分再生されました。

歯が入りました。

  これらの治療は、すべての患者さんに適用できるわけではありません。
インプラント治療の良い面、リスク(悪い面)についてよく理解した上で治療を選択してください。
インプラントに関する疑問や質問は、公益社団法人 日本口腔インプラント学会ホームページから
歯科インプラント治療に関しよくある質問』を参照下さい。
 

↑topへ






当センターの患者さん
残っている骨の少ない患者さんのインプラント 
サイナスリフト手術(上顎洞底挙上手術)




治療前、
右上の歯がありません。

インプラントを埋め込みたいのですが、
上顎洞という空洞があるために
骨が足りません。


 
上顎洞の中に白く見える部分(矢印)が、
後から作った骨です。
  治療後、
インプラントの歯が入りました。
 





現在の全体のレントゲンです。



 
作った骨もそのままです。


 
  これらの治療は、すべての患者さんに適用できるわけではありません。
インプラント治療の良い面、リスク(悪い面)についてよく理解した上で治療を選択してください。
インプラントに関する疑問や質問は、公益社団法人 日本口腔インプラント学会ホームページから
歯科インプラント治療に関しよくある質問』を参照下さい。
 

↑topへ






総義歯の患者さんのインプラント
 

















治療前は上顎は総義歯、下も部分義歯でした。


↑topへ