ホームへ戻る

 虫歯を詰めたり、型を取ってかぶせたりします。また、膿んでいる歯根の中を治療します。一般的な歯医者さんの治療です。
 虫歯は、歯の表面に引っ付いたプラーク内の細菌が、酸を出し歯を溶かしてゆく病気です。溶けてなくなった部分の歯を金属やレジン・セラミックなどの人工材料で修復し、歯の機能や審美性を元に戻す治療です。
 虫歯の治療と聞くと、どうしても歯を削る“キューン”と言う音と、痛いって言うイメージが強いですね。
 でも心配要りません。昔と違って今の麻酔は良く効きます。また注射も痛くなく出来ます。心配せず当院スタッフにご相談下さい。











むし歯治療(充填治療・根管治療など)


1)充填治療(コンポジット・レジン修復)





▲治療前
小さいむし歯であれば白い詰め物で
治療できます。

▲治療後









▲治療前
以前は金属で詰めることが多かったのですが、白い詰め物で治療できます。



▲治療後


奥歯にインレー(金属をセメントで付ける治療)が二次カリエス(またむし歯)になり
コンポジットレジンで治療しました。見た目もきれいになりました。






▲治療前
奥歯4本に金属インレーが入っています。

▲治療後
4本とも白くなり二次カリエスも治りました。





2)根管治療後の歯(歯の神経の治療後)




歯の神経の場所に薬を詰めました。
(根管治療が終わりました。)

多くはかぶせますが周囲に歯が
たくさん残っています。











白い詰め物で終了します。
(一般的にはかぶせます。)



  3)膿んでいる根の中の治療(再根管治療・感染根管治療)

 膿んでいる歯根の治療を再根管治療や感染根管治療と呼びます。
 患者さんも、「神経の治療」として、聞かれたことがあると思います。
 この治療はすごく大切です。 特に一度治療をした根管の中が化膿し、再度治療を行う場合には成功率が低くなります。

 これらの治療を成功させる一番のポイントは、感染した根管内を無菌状態に消毒することです。
 当院では以下の消毒薬と超音波器具(Pマックス)による洗浄を 行っています。

・ 次亜塩素酸ナトリウム(ネオクリーナー)
・ EDTA(モルホニン)  

 これらの消毒薬剤によって根管内を無菌状態にしますが、本当に無菌状態かを「根管内嫌気細菌培養検査」によって確認しています。





 

▲インキュベーター
根管内から採取した歯髄や象牙質削片を
培養液(プラディア)に浸けて、細菌がよく育つ環境を
保つ機器(インキュベーター)の中で
16〜48時間培養し観察します。

▲プラディア
左の液(濁った方・赤紫)が陽性で
細菌が検出されいます。
右側(透明・青色)は嫌気性細菌が
陰性で無菌状態が確認できました。

 

 細菌が残存したまま(陽性)治療を進めると、その後年月が経過し、根管内が化膿する可能性が高くなります。
 歯医者さんで「根の中が化膿している」と説明される 病気の原因にもなります。

参考文献
Sjögren U, et al. Int Endod J. 1997;30(5):297-306.
Ng YL, et al. Int Endod J. 2008;41(1):6-31.







▲治療前
矢印の付近、黒い部分が
病気で骨が溶けています。

▲治療後
黒かった病気の部分がなくなりました。


       



▲治療前
上と同じ歯をCTで横から検査します
根の先の黒い部分が病気です。

▲治療後
CT検査でも黒かった病気の
部分がなくなりました。


       

 






▲治療前
レントゲンで白く写る薬がちゃんと
詰められていません。

▲治療後
薬がちゃんと3つの根に詰まりました。
これで安心です。





4)見た目を改善する治療(審美修復治療)





▲治療前
前歯が欠けて、白い白濁も見られます。
(一回目)

▲治療後
ラミネート・ベニアという方法で欠けた
ところも、白濁もきれいに治りました。
(通院二回目で治療は終了です。)