ホームへ戻る
   
口の中には約1000億個の細菌がいます。
その中で歯周病の原因となる菌が何かが分かってきました。
代表的な原因菌は3種類で、
P. ギンギバリス、 T.フォーサイシア、T.デンティコラと呼ばれます。
この3種類の悪玉菌をたくさん持っている人は歯周病が進行しやすいと考えられます。
当院では、治療の前や後にこの検査を行い、細菌の種類や量を特定し歯周病の治療に役立てています。
現在この検査は保険適用ではありませんので実費が必要です。
詳しくは当院スタッフにお尋ねください。


   
       



1)歯周ポケット内から細菌を採取します。






   



2)試験管に入れて凍結した状態で検査機関へ郵送します。







 

 

3)約1週間後に検査結果報告書が届きます。
(この患者さんは歯周病の細菌がたくさん見つかりました)

 

↑topへ