ホームへ戻る




 最初の日は、患者さんの主訴(一番気になるところ)を聞き、痛みや腫れなどの緊急の処置が無ければ、基本的な検査を行います。
レントゲン検査、虫歯の有無、噛み合わせの診査、お口の型取りなどを行います。
 もし、痛みや腫れ、歯の破折や義歯の修理など、緊急を要する処置が必要な場合には、それらの治療を先に行い、それらの治療が一段落してから検査に移ります。

 

▲ 最新のデジタルレントゲンや細部まで診査できる
  CT撮影による検査をさせていただきます。
  ▲患者さんのお口の状態を詳細に調べさせて
 
いただきます。


 検査資料を元に大まかな治療計画をご説明します。
 治療の期間とかかる費用、必要な治療内容を説明させていただきます。
 歯周病など精密な検査が必要な患者さんはこの2回目に検査を行います。時間は1時間半ぐらいを予定してください。
 CTや歯周病の精密検査、細菌検査などもこの時に行います。
 

    ▲検査資料を基に治療内容を説明させて
 いただきます。



 精密検査結果の説明を行います。
 検査結果、診断、病気の進行状態、必要な治療方法、 治療の期間、費用などをこの検査後に説明させていただきます。
 ですから、初診日(第1日目)に病状の説明をする事は難しいことをご了承ください。
 患者さんによっては、早く治療方法を知りたいと思われるのは当然と思いますが、精密な検査を行わないと正しい診断ができず、患者さんにとって良い治療が選択できなくなる可能性があります。 どうかご理解ください。
 この検査結果の説明後、治療を進めて行くかどうか、患者さんから返事を頂きます。
 実際はこの次の4回目の来院の時までお考えいただき返事を頂くことが多いと思います。

 当院以外の歯科医院でさらにセカンドオピニオン、サードオピニオンを行い、当院の治療方法との比較を行っていただくのもこの段階です。

 ※当院の検査結果(エックス線写真など)をセカンドオピニオンのために他院(次の先生)にお渡しすることは可能ですが、当院のCTにおいてはシステム上 データを外部に出すことができません。あらかじめご了承ください。

 
   患者さんの治療計画は、外来治療が終了した後に、院長自身が個々の資料を参考に、一人づつ時間をかけて行います。そのために、検査した日に、ご説明できないこともありますが、ご理解ください。
 治療計画は複数の専門医にお聞きすることをお勧めします。患者さんご自身が十分内容を理解してから治療にかかってください。
 治療費や通院距離も大切ですが、患者さんの病気を治すことが出来る専門医に出会ってください。